特定退職金共済制度とは?

特定退職金共済制度は、従業員のための制度です。
毎月、定額の掛金を支払うことで、将来支払う退職金を計画的に準備できます。


特長

◆加入できる事業主
福知山商工会議所地区内にある事業主(事業所)であれば、誰でも従業員(専従者控除の対象者を除く)を加入させることができます。ただし、加入いただける従業員は満15歳以上85歳未満に限ります。

◆掛金は1人月額30,000円まで非課税
法人が従業員のために負担した掛金は、全額損金に算入できます。(法人税法施行令 第135条)
個人事業主が従業員のために負担した掛金は、全額必要経費に算入できます。(所得税法施行令
第64条)

◆企業も従業員も将来が安心
退職金制度の確立は従業員の確保と定着化を図り、企業経営の発展に役立ちます。
法律で定められた退職金支払いのための保全措置が講じられます。(賃金の支払いの確保等に関する法律 昭和51年法律第34号) 

※詳細は特定退職金共済制度パンフレット(PDFファイル)をご覧ください。